職場の問題かるた
  • 講演・講義(ワークショップ)
    ・対談
プロフィール
3つのシフト
ブログとメールマガジン
バリューサイクル・マネジメント
業務改善の問題地図
ストーリーで学ぶアジャイルな組織のつくり方
IT人材が輝く職場 ダメになる職場
ざんねんなオフィス図鑑
はじめてのkintone~現場のための業務ハック入門
職場の科学
デキるマネージャーは余計なことをしない
仕事は「徒然草」でうまくいく
仕事ごっこ
業務デザインの発想法 ~「仕組み」と「仕掛け」で最高のオペレーションを創る
運用☆ちゃんと学ぶ システム運用の基本
マンガでやさしくわかるチームの生産性
ドラクエに学ぶ チームマネジメント
マネージャーの問題地図
話し下手のための雑談力
システムの問題地図
働き方の問題地図
職場の問題かるた
今より1時間早く仕事が終わる習慣
「自分」の生産性をあげる働き方
チームの生産性をあげる。~業務改善士が教える68の具体策
働く人改革 ~ イヤイヤが減って、職場が輝く! ほんとうの「働き方改革」
仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方
職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方
新入社員と学ぶ オフィスの情報セキュリティ入門
新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!
新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!
無理しないから無駄もない 「草食系」社員のためのお手軽キャリアマネジメント
英語で働け!キャリアアップ読本~変化の時代で「最後まで生き残る」自分の鍛え方
英語で働け! サラリーマン読本-英文契約・交渉・プレゼン、ナンでもコイ!
転職を考えない人が読む「転職」の本
ホーム > 講演・講義(ワークショップ)・対談

講演・講義(ワークショップ)・対談

書籍にて体系化されたコンテンツを提供

代表沢渡あまねが提供する、3つのシフト(「マインドシフト」「マネジメントシフト」「スキルシフト」)を後押しするための講演・講義(ワークショップ)・対談および変革顧問メニューです。
内容はすべて書籍化されています。作家自らが、その場限りの学びに終わらない、自組織に持ち帰り可能・定着可能な体系化されたコンテンツを提供いたします。

  • バリューサイクル・マネジメント
  • 職場の問題地図
  • マネージャーの問題地図
  • 業務改善の問題地図
  • 職場の科学の書影
  • 業務デザインの発想法
  • 仕事ごっこ

前提条件

以下の前提条件にご理解とご協力をお願いします。

  1. オンラインの実施を基本と致します。出張対応は、時期や場所によってはお受けできない可能性があります(出張対応の場合も、交通障がいなどのバックアップ手段としてオンラインの代替開催をお願いしております)。
  2. オンライン講演・講義・対談環境(Zoom, Teams, WebEXなど)の準備とホストは貴社にてお願いいたします。
  3. 講演資料は事前に電子ファイル(パワーポイント、PDFなど)でお送りします。印刷と配布は必要に応じて貴社にてお願いいたします。
  4. 事前の企画や擦り合わせは、極力メールやビジネスチャットでお願いしております。ミーティングが発生する場合、別途費用をいただくことがあります。
  5. 見積・請求などの手続きはペーパーレス(PDFファイルなど)でお願いします。押印・印刷・郵送などが発生する場合かつ煩雑な手続きが発生する場合、別途事務作業サーチャージ(最大5万円)をいただくことがあります。ペーパーレス、事務作業レスにご理解とご協力をお願いいたします。

問題地図ワークショップ

標準時間:120~210分

「生産性の低い職場」「モチベーションの低い職場」「優先度がつけられない職場」など、事前にテーマを決めて組織の問題・課題を言語化し、打ち手を考えるワークショップです。自組織の無駄を洗い出すための場としてもご活用ください。

書籍「職場の問題地図」「仕事の問題地図」「マネージャーの問題地図」「業務改善の問題地図」、スライド「地方都市の問題地図」などをベースに解説します。最初に「職場の問題かるた」を使ったアイスブレークを行う場合もあります。

▼ワークショップのイメージ
https://esa-pages.io/p/sharing/7492/posts/31/bda538f99f0b7c8bae91.html

  • 職場の問題地図
  • マネージャーの問題地図
  • システムの問題地図
  • 業務改善の問題地図
  • 職場の問題かるた

職場の科学の書影

バリューサイクル・マネジメント
〜組織と個人が正しく成長し続ける勝ちパターンを創る

標準時間:60~180分

書籍「バリューサイクル・マネジメント」をベースにした講演、またはワークショップです。
時代は統制型からオープン型へ。時代の潮流と、組織とそこで働く個人が正しく成長し続けるための「健全な組織のバリューサイクル」を回すための考え方を解説します。

バリューサイクル・マネジメント

主体的な働き方と生産性向上

標準時間:90~150分

職場の問題地図

書籍「職場の問題かるた」「職場の問題地図」をベースにした講演です。
ほんとうの働き方改革=「見える化」「言える化」「自分の勝ちパターンを認識して実践する(状態を作る)」をキーメッセージとし、私たちの身の回りにある「モヤモヤ」と戦うための視点や解決事例を紹介します。

▼開催レポート(2019年8月浜松市主催「ミライの働き方2019」基調講演より)
https://www.nokioo.jp/workstyle/25

主体的な働き方と生産性向上

これからの時代のマネジメント~「5つのマネジメントと9つの行動」

標準時間:60~180分

バリューサイクル・マネジメント

書籍「バリューサイクル・マネジメント」および「マネージャーの問題地図」をベースにした講演またはワークショップです。

これからの、ハイブリッド型(統制型とオープン型の複合型)の時代のマネジメントにおける管理職の要件と考え方を「5つのマネジメントと9つの行動」のフレームワークを用いて解説します。
ワークショップを行う場合、「5つのマネジメントと9つの行動」に照らし合わせて自組織のマネジメントを振り返り、足りていないマネジメントと打ち手を言語化~組織強化につなげます。

これからの時代のマネジメント~「5つのマネジメントと9つの行動」

バックオフィス2.0〜管理部門をアップデートする

標準時間:60~180分

バリューサイクル・マネジメント

書籍「バリューサイクル・マネジメント」をベースにした講演またはワークショップです。
コラボレーションおよびイノベーション出来る組織に進化するためには、それを支える管理部門や全社共通の管理業務も進化する必要があります。この講座ではその全体像、および「総務2.0」「人事2.0」「経理2.0」「広報2.0」「情シス2.0」「購買2.0」「法務2.0」など各管理部門および管理業務の理想の姿、バックオフィス2.0の各論を解説します。 ワークショップを行う場合、各々の管理部門や管理業務をどのようにアップデートすべきかを議論します。

これからの時代のマネジメント~「5つのマネジメントと9つの行動」

脱#仕事ごっこ〜その当たり前、いまどき必要ですか?

標準時間:60~180分

仕事ごっこ

書籍「仕事ごっこ」をベースにした講演またはワークショップです。
社長は「イノベーション」「コラボレーション」と叫ぶものの、今日も現場は電話対応、FAX対応、紙の書類の対応でてんやわんや。管理職は気合と根性でなんとかしよう/させようとする……。
「その当り前の慣習、いまどき必要ですか?」
書籍「仕事ごっこ」の2~3つの章(事前にご指定いただきます)を解説し、当たり前の無駄に気づくための意識づけを行います。ワークショップを行う場合、実際に無駄と思われる業務を洗い出し言語化します。

脱#仕事ごっこ〜その当たり前、いまどき必要ですか?

DXの進め方と事例

標準時間:60~180分

バリューサイクル・マネジメント

書籍「バリューサイクル・マネジメント」をベースにした講演またはワークショップです。
DXとは何か? DX人材を育てるために必要なことは? すべらないDXを進めるために必要な考え方と「はじめの一歩」は? 事例とともに解説します。ワークショップを行う場合、「どこからどうDXに着手するか」を言語化・議論します。

DXの進め方と事例

デジタルワークに役立つ8つのスキル

標準時間:60~120分

バリューサイクル・マネジメント

書籍「バリューサイクル・マネジメント」をベースにした講演またはワークショップです。
ハイブリッド型(オフィスワークとテレワーク)の働き方で成果を出すために、必要な8つのスキルとマインドを体系的に解説。振り返りを行います。

デジタルワークに役立つ8つのスキル

テレワーク進化論~4つのステージ

標準時間:60~120分

テレワークを経営の武器として活用するための、4つのステージと「何をすべきか」について解説およびディスカッションを行います。自組織の働き方の現在位置の把握と、目標設定にご活用ください。

テレワーク進化論~4つのステージ

ワーケーションのメリット、副業人材活用のメリット

標準時間:60~120分

バリューサイクル・マネジメント

書籍「バリューサイクル・マネジメント」をベースにした講演またはワークショップです。
ワーケーションや副業人材活用のメリットと実際の活かし方について具体例とともに解説及びディスカッションを行います。

ワーケーションのメリット、副業人材活用のメリット

ブランドマネジメント講座〜あなたの組織のファンを創る

標準時間:60~180分

バリューサイクル・マネジメント

書籍「バリューサイクル・マネジメント」をベースにした講演またはワークショップです。
「ブランドとは何か?」「なぜブランドマネジメントが必要なのか?」「具体的に何をすればよいのか?」を、経営目線、管理職目線、個人目線それぞれで語れるようにします。

ブランドマネジメント講座〜あなたの組織のファンを創る

コミュニケーションデザイン〜仕組み・仕掛けでチームを活性化させる

標準時間:60~180分

書籍「業務デザインの発想法」「ここはウォーターフォール市、アジャイル町」をベースにした講演またはワークショップです。
「コミュニケーションは設計8割:スキル2割」の考え方に基づき、組織内コミュニケーションを円滑におこなうための仕組み創り、仕掛け創り、マネジメントについて事例とともに解説します。

  • 業務デザインの発想法
  • ここはウォーターフォール市、アジャイル町

コミュニケーションデザイン〜仕組み・仕掛けでチームを活性化させる

業務デザインの発想法~改善目利き力を鍛える

標準時間:60~240分

業務デザインの発想法

書籍「業務デザインの発想法」をベースにした講演またはワークショップです。業務の「おはよう」から「おやすみ」までの変化を想定して設計する。自組織の業務の改善ポイントを言語化し、デザイン発想で解決できるようにします。

業務デザインの発想法~改善目利き力を鍛える

生産性向上8つのステップ〜組織の「現在位置」を把握し、改善の目利き力を身につける

標準時間:60~180分

書籍「チームの生産性をあげる。」「マンガでやさしくわかるチームの生産性」「ここはウォーターフォール市、アジャイル町」をベースにした講演またはワークショップです。
生産性向上の8つのステップをもとに、自組織の現在位置と目指す方向性、および具体的な改善行動を言語化します。

  • マンガでやさしくわかるチームの生産性
  • ここはウォーターフォール市、アジャイル町

生産性向上8つのステップ〜組織の「現在位置」を把握し、改善の目利き力を身につける

職場の科学〜日本マイクロソフトに学ぶ働き方と生産性向上の本質

標準時間:60~120分

書籍「職場の科学」をベースにした講演またはワークショップです。
日本マイクロソフトが行った働き方改革のデータとファクトに基づき、生産性向上のポイントを解説及び振り返りを行います。

職場の科学〜日本マイクロソフトに学ぶ働き方と生産性向上の本質

リスペクティング行動〜心理的安全性の高いチームを中から作る

標準時間:60~120分

書籍「バリューサイクル・マネジメント」をベースにした講演またはワークショップです。
メンバー同士、助け合って成果を出せるチームを創るには? そのために必要な「リスペクティング行動」について具体的な行動事例やアンチパターンをもとに解説します。ミニ演習も有り。

リスペクティング行動〜心理的安全性の高いチームを中から作る

ダイバーシティ&インクルージョンの誤解と正解

標準時間:60~120分

書籍「バリューサイクル・マネジメント」「働く人改革」をベースにした講演またはワークショップです。
ダイバーシティは誰のため、何のため? ただ単に多様な人材を集めて、活躍できない状態を創る「ダイバーシティごっこ」に陥っていませんか?この講座では、ほんとうのダイバーシティ推進を進めるための観点とポイント、アンチパターンをとことん解説します。

  • バリューサイクル・マネジメント
  • 働く人改革

ダイバーシティ&インクルージョンの誤解と正解

地方都市の問題地図

標準時間:60~180分

地方都市、地方企業の「負けパターン」「不都合な真実」を赤裸々に解体。「勝ちパターン」に転じていくための打ち手を徹底的に議論します。

地方都市の問題地図

ITサービスマネジメント基礎

標準時間:180~240分

ITIL V3をベースにしたITサービスマネジメントの基本的な考え方を解説。自組織の弱みと打ち手をアセスメントおよび言語化します。
「あなたはハンバーガーショップの店長です」で始まる、ストーリー形式のグループワークでITサービスマネジメントの考え方を楽しく学ぶことが出来ます。

  • 新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!
  • 新米主任 ITIL使ってチーム改善します!

ITサービスマネジメント基礎

「自分メニュー」を作る〜説明可能な自分の作り方(およびチームビルディング)

標準時間:150~180分

「お蕎麦屋さんは必ずメニューがあるのに、なぜ私たちビジネスパーソンにはメニューがないの?」
変化が激しい世の中で、コラボレーションをして成果を出していくためには、また強く生き残っていくためには1人1人が自分自身を説明できなければなりません。このワークショップでは、自分の「できること」「強み」「軸」を発見し、「あなたは誰?」を説明できるようにします。また、チームメンバー同士の相互理解とチームビルディングを促進します。

「自分メニュー」を作る〜説明可能な自分の作り方(およびチームビルディング)

ご相談・お問い合わせ

以下のお問い合わせフォームに必要事項をご記入の上送信してください。お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ